ガジェット

鑑賞用にXperia X Performanceを買った 、しかも初の輸入での購入 #Xperiaアンバサダー

初めてです。海外から買ったの。

しかも訳あって鑑賞用です。しかも僕は一切使いません。僕は僕で黒色バージョンを、別途調達予定です。

今回はピンク!鑑賞用なだけあってドキドキするピンクです。


購入サイトはあのExpansys。本当に香港からやってきました。

関税といって3,400円ほどヤマトから請求されました。

鑑賞用の端末が届いてワクワクします。

鑑賞用なだけあって、箱もしっかりプチプチで包まれているのも好印象です。

プチプチを外すと綺麗な箱が。

ただ、電源アダプタが日本のコンセントな入らない。

こなあたりも鑑賞マニアの心を揺さぶる。

起動してみます。もちろん鑑賞用なのでここでSIMとか入れるのは邪道ってみなさんご存知ですよね。

この起動のアニメーションだけで、もう最高です。

WiFiにもつなげることなくらマニア向け鑑賞用としての価値があります。マニアならご存知、背面の仕上げが日本版と違うんです。

個人的には日本版も日本版でいいと思いますが、こちらは背面が違う。あと、SIMカードが二枚入る。

いわゆる両刀使いだ。

鑑賞マニアとしてたまらない作りである。

さらに防水、防塵機能もある。日本版もそうだが、クラスを下げるとそれがないらしいです。

もう防水防塵だけだ鼻血でそうじゃないですか。

たっぷりと鑑賞してみたいとおもいます。

みんなも鑑賞用に4色揃えよう!僕は2色で打ち止めになりそうですが。

iconicon

Posted from SLPRO X for iPhone.

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-ガジェット
-