ガジェット

家庭内の電池をすべて充電池にしたら電池を買ったり捨てたりというストレスから解放された

家庭内の時計やリモコンなどにも使うことが多い電池。特に最近ではおもちゃに使う電池が増えてきました。

それらの電池をほぼ充電池に置き換わったことをここにご報告申し上げます。

充電池を使うメリット

僕が充電池を使うメリットとして次の2点を挙げます。

コスパが良い

乾電池だと無くなるたびに、買い換える必要がありますが、充電池なら充電をすれば再び使えるので電気代を考えてもコスパが良いです。

参考:【損益分岐点】エネループを本気で使うと60万円も得するという話 | kiritsume.com

乾電池のように捨てに行く手間がない

乾電池のように使い終わりと同時に“月曜日”など決められたゴミの日に捨てに行く様な手間がありません。
そのため、環境にも優しいと言えるでしょう。

乾電池のように無くなるたびに買いに行く手間もない

電池が切れても、充電池なので充電をすれば済むだけです。わざわざ買いに行く手間もありません。

つまり充電池を使い回していくということは、買う・捨てるの手間が無くなり、さらにコスパが良いと言えるでしょう。
電池が切れたときの捨てる・買いにいくというストレスから解放されます。

必要な充電池の数は?

実際に使う数+2本だと考えています。

ほとんどの器具は電池2本であることが多いです。電池切れになったときに、+2本あることによりすぐに交換出来ます。
交換後電池切れになった充電池は充電をして、フル充電になった後はストックとして置いておきます。

これが余分に2本無かった場合は、充電する間その機具が使えないということになります。なので、常に+2本の在庫を持っておくと良いでしょう。

Amazonの充電池がコスパ良さそう

以前はeneloopを使っていましたが、最近ではAmazonのものを使うことが多いです。
その理由は安い(=コスパが良い)からです。

Amazon上で他のeneloopなどの充電池と価格を比較しても一目瞭然だと思うのと、Amazonの製品なので、間違いは無いだろうという点で安心して買える点が大きいからです。

そのため、電池を使う製品が増えたたびにAmazonのこの充電池を買い足しています。
みなさんも、こういったコスパが良すぎる充電池生活をしてみませんか。

Amazonベーシック 充電池 高容量充電式ニッケル水素電池単3形4個セット (充電済み、最小容量 2400mAh、約500回使用可能) & 充電池 高容量充電式ニッケル水素電池単4形8個セット (充電済み、最小容量 800mAh、約500回使用可能)

Amazonのものでもいくつか種類があるようですが、容量の多い、こちらのグレーの高容量モデルをオススメします。
(容量が大きいほど電池の寿命も長く、交換の回数も少なくなります)

-ガジェット

© 2021 ムジログ