ガジェット

ソフトバンクからビックSIM(iijmio)にMNPで乗り換えた話①

母親の22年間使い続けたソフトバンク(vodafoneやJ-PHONE時代も含まれるのかな)回線は僕名義で契約しているのですが、この度ビックSIM(iijmio)にMNPすることにしました。

毎月8,000円ぐらい来るソフトバンクの請求に対してiijmioのファミリーシェアプランでの我が家でつかっているのは3枚SIMで5,000円ぐらい。

毎月8,000円ぐらい払っているのに5GBの制限にビクビクしながら母は使い続けていたそうだ。
それはそれで本当に大変申し訳ないことした。

そして、ちょうどいま使っているiPhone6Sが一度バッテリー交換した上に、またバッテリーの調子が悪く、すぐ電源が落ちる状態になっているというのだ。そこで、機種変更と格安SIMへの変更を合わせて行うこととした。

iPhone SE(SIMフリー版)の調達

Apple Storeに行くこともなくネットで注文。手軽。便利。
翌々日に自宅に届いたので、それを大阪の実家に持っていて機種変更することとした。

MNP予約番号

ここに詳しい手続き方法や注意点が書いてあるので、一読する。

他社から乗り換え(MNP転入)|格安SIM/格安スマホのIIJmio

ソフトバンクMNP予約申し込みの電話番号に電話すると、いろいろ引き留めや、同じ格安SIMのY!モバイルやLINE MOBILEを薦められるが、スルーして、予約番号をもらう。

そして重要なのは費用だ。
契約解除料10450円、転出事務手数料3300円、合わせて13750円、さらに日割り計算の利用出来ないプランらしく、月末までの基本量がかかるというらしい。離れていく顧客からどれだけお金を取るんだ、という気持ちになる。
もちろん、そういう違約金的なものが解約抑止力になるのであろうが、これでは、もうソフトバンクに戻るというシナリオが考えられなくなってしまう。

そんなことを思いながら、MNP予約番号をもらった。

次は実際にMNPをする手続きの話だ。それは次の記事で書いていこうと思う。

-ガジェット
-,

© 2020 [Mu]ムジログ