iCloundの写真・動画の同期を辞めた

この記事は約2分で読めます。

Warning: file_get_contents(http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=AKIAIKUUQHRHT3XCN5YA&AssociateTag=musilog0b-22&ItemId=B06XKMWXRT&Operation=ItemLookup&ResponseGroup=Images%2CItemAttributes%2COffers&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2023-02-02T10%3A57%3A33Z&Signature=aGdquROY0alO7kzHcI6b67Te0rfzv06SKeOo2pAiXtY%3D): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 410 Gone in /home/plusmovement/musilog.net/public_html/wp-content/plugins/lockets/lockets_func.php on line 719

単純にWi-Fi環境下でギガを消費するから、ということなんですが、実は自宅のWi-FiはWiMax回線。つまり、3日間で10GBの制限があるので、最近増えた写真や動画の同期をやっていると、自宅の通信制限に引っかかってしまう、ということが起きてしまう。

というわけで、これを辞めてみました。iPhoneのバッテリーのもちも改善するかな?

こうやってiCloudの容量の分類を見ていると写真が圧倒的であるがそのうち意外と動画が大きい。特に今年は動画も撮ったり、OSMO POCKETみたいなガジェットも増えたので、動画を保存しまくる。

数分撮った動画が1GB以上なんてこともザラで、それを編集した動画も1GB以上ということもあるので、これから本格的に動画にトライするのであれば、自動的に同期される通信量は脅威になる恐れがある。
なぜならば我が家のネット回線はWiMaxだからである。3日間で10GB以上通信すると通信制限を受けることになるのですが、先月はほぼ毎日そんな状況だった。

というわけで、iCloudを一時的に切ってみて不便がないか検証してみようと思う。
もちろん、おもいでばこも使っているので、常に大切な写真は別に保存しているしバックアップもとっているので、いかに我が家の想い出を安全に効率良く残していくか模索していきたい。

 

タイトルとURLをコピーしました