VMWare Fusion上でWindows7にアップグレードして重くなったが解決

スクリーンショット(2009-11-11 12.43.43).png

VMware Fusion 3」上のVistaをWindows7にアップグレードしてから恐ろしいほどに重くなり、反応してくれなさすぎて途方に暮れていました。VMWare Fusionのバージョンを3にあげたせいか、Windowsのバージョンをあげたせいかどっちが原因かわかりません。それも同時期にアップグレードしたからです。

結局原因がわからなかったのですが、これをやってみたら解決しました。実は思い当たる節もあったのです。

VMware Fusion 3」の仮想マシン→設定のアプリーションのところに上記の画面があるのですが、ここの設定はMac捜査時にMacファイルの拡張子を見てWindowsアプリケーションで開く、とかを設定するところのようです。

ここの上部に入っていたチェックを外したら、元通りさくさくと(でももっさりしていますが)動くようになりました。

さて、ついでなので、ベンチマークというほどのことではありませんが、Windowsのスコアをとってみました。

スクリーンショット(2009-11-11 12.40.39).png

2.9と低いですが、他の点数が5点ぐらいなので仮想マシンとしては上々だと思います。Windowsでグラフィックスについてガリガリやる予定はないので、これで大満足です。

今なら2.0のパッケージを買って無償アップグレードするのもありですね。12/6までです。

参照:VMware Fusion 2 から VMware Fusion 3 への無償アップグレード

Vmware Fusion 2.0

B001GXH1SY