Mac・PC

MacBook Pro 2016にはケースを使うのでは無くこのwraplusのスキンシールを貼ってみた

MacBook Pro 2016 wraplus スキンシール

MacBook Pro 2016ではケースを使うこと無く鞄に出し入れしたいと思った。
鞄から出して、ケースから出して・・・そのアクションが無駄だ。

そして特に現在使っているTHE NORTH FACEのバックにこのMacBook Pro(15-inch, 2016)はピッタリだ。
常に持ち歩いて使いこなすことが容易に想像出来る。

でもやっぱりキズがつくのは気になる。

どうにかしたいと思っていたところ、頭の中にあったgori.meのこの記事。

写真を見てもカッコイイ。しかもケースではなく、シールになっているのがいい。薄くて重さもほぼ変わらない。
ずっとこれにしたいと思って、先日MacBook Pro(15-inch, 2016)を買ってから外に持ち出すときはこれを使おうと決めていた。買った。

MacBook Pro 2016 wraplus スキンシール

特にトラックパッド回りの部分のシールも特筆すべき。ここは手を当てることも多い。また、腕時計などをしていたり、ペンを持っていたりなどで無意識のうちにキズをつけがち。貼っておくだけで安心度が違う。

梱包はいたってシンプル。Amazonの箱に薄っぺらい下記写真の商品が入って届く。

MacBook Pro 2016 wraplus スキンシール

シールの質感も美しい。

MacBook Pro 2016 wraplus スキンシール

そしてシールを貼ろうと思って気づいたのが、3M。
適当なシールではなく、ちゃんとしたブランドの信頼できるシールを使っていることが分かる。

MacBook Pro 2016 wraplus スキンシール

今回MacBook Pro 2016の購入からこのシールの購入までgori.me(ゴリミー)を参考にした。
もろ影響されて、同じ色を買ってしまった。

今回これでスキンシールという概念を知ってしまったのだが、木目調とかiPhone用とかもあったので、機会があればぜひ次は試してみたい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Mac・PC
-, , ,