周辺機器・サプライ

MacBook Airを入れて持ち運ぶ、2012年のメインバッグはこれだ!

ELECOM 3Wayバッグ

昨年はアップルストア銀座店の福袋でのLuckey Bagそのもののカバンを使い込んでいました。ヘビーローテーションというか、MBAを持ち運ぶときは必ずそれで365日のうち350日ぐらいはそうだったのではないかというぐらいヘビーに使っていました。

しかし、年末のぎっくり腰が発生してからは、身体の片方に重心が移動してしまうメッセンジャーバッグは危ないと思い、重心を左右均衡にするバックパック型のカバンを探していました。
ビジネスバッグの3Wayタイプのものなど東急ハンズやLoftなどをずっと歩いて探し回っていたのですが、ピンとくるモノがありませんでした。

結論から言って、上記写真のバッグとなりました。なんと、PC周辺機器メーカーのELECOMが出しているモノで、しかも機能面から見ても実売価格3,000円台の前半と安かったのです!(定価は5,670円)



ELECOM 3Wayバッグ

中はノートパソコン専用のクッションで挟まれたエリア武運とそれ以外の部分に分けられます。MacBook Air13inchは余裕をもって入るのですが、おそらくMBP15inchでも入るスペースだと思います。ELECOMのサイトによると16.4インチワイドまで収納できると言うことで、普段自宅で大きめのWindowsノート使っているよ、という人も、持ち歩き用のバッグとして検討してみても良いかもしれません。
MBAの11inchだともしかしたら横向きでは無く縦向きに2枚入りそうな気もします。2枚持ち歩くことに意味があるかどうかは別として・・・。

そうです。
実はこのバッグは厚みがないかわりに面積があるような気がします(前に使ったカバンと比べて)。つまり、このバッグにカフェなどの細いスキマもしゅっと格納して作業をすることも出来そうです。

また、この面積の広さを利用して普段折って入れてしまいがちな大きめな雑誌などもスッと入れてもちあるくことも出来るでしょう。

ELECOM 3Wayバッグ

カラーバリエーションも5種類あるこの製品ですが、公式サイトのように閉じているとその色(ここでは黒)しか出せませんが、上記のように袋の内面の色を少し表に出すように閉じると、この内面のブルーが出てアクセントとなり、少しオシャレになります。

全体的にコンピューター周辺機器メーカーのださいイメージを払拭されたデザインですが、使いこないしかたも、少し自由度があります。上記の閉じる部分の強度もマジックテープも十分強いのですが、それ以外に左右2カ所止められる部分があるので、実用的でもあります。

以前使っていたバッグに比べるとポケットの数は減りますが、その分スマートになった感じがします。厚みが減るということはあれこれ詰め込むことも必然的に少なくなりますが、その結果として、持ち歩くモノの取捨選択にも迫られることになり、ノマドワークにおける行動と持ち物の最適化をしていくことになるでしょう。
バッグを変えることによってノマド生活も変えていこうと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-周辺機器・サプライ