iPod touch(8GB) 開封の儀〜iCloud恐るべし

iPod touch

開封の儀と言いながら、昨晩のうちに設定とかいろいろしてしまったので、今更ですが書いてみたいと思います。

まず、iOS5というか、iCloud!まさかこんなところで予想外に動いてくれるとは思ってもいませんでした。

iPod touchを起動してすぐ、初期設定の画面になりました。Apple IDも無意識のうちにいつもiPhoneなどで使っているモノを入れてました。
そして、しばらくしてからアプリを入れてみたり初期のアプリ立ち上げながら観て驚いたのが・・・

連絡先

連絡先がすでに入っている!!
カレンダーにすでに予定が入っている!!
Safariのブックマークも入っている!!

そうです。
iCloudがデフォルトで動いていたためか、いつの間にかiPhoneと同じ内容に同期されていたのです。ここまで一切Macにつなげていませんし、同期というボタンを押してもいません。まさに気づかぬうちにバックグラウンドで勝手に同期してくれたのです。

こう考えると、同期という手間さえ感じさせないiCloudって凄いなぁって思いました。
逆に言えば知らぬ間に同期されていたわけで、気づかずに他人に貸すとスケジュールとか友達とかモロばれの可能性もあるわけです。

このように異なるiOSの端末を持つことの便利さを一度味わうとやめられなくなりそうです。
例えば、2台持ちしても同期のためにケーブルをつなぐなんて手間もないので、iPhoneとiPod touchの二台で連絡先を共有するとすれば、iPhoneからは3G通話、iPod touchではSkypeやLINEなど電話としての機能も使い分けて持つことも出来そうです(無線LAN環境を公衆無線LANとかPocket Wi-Fiで確保する必要がありますが)。

本当はこのiPod touchを手にしたときには「iPhoneですべての機能を網羅しているから、いらないじゃん」とまで思っていました。誰かにあげるかヤフオクに出すということも考えていたぐらいです。
しかし、この一台をiPhoneのサブとして使ってみたり、開発端末として使ってみたりできそうです。そして、どちらも同じようなことが出来る端末ということを活かして、その時々の電波の状況に応じてどちらかを使うようにしてバッテリーリソースを分散させるという使い方も考えられます。普通、そんなこと考えないと思いますが・・・。

ここまで無理矢理使う理由を考えてみましたが(笑)、やはりiPhoneじゃないと出来ないこともあるのでiPhoneはやめないと思うのですが、ネット回線という意味ではテザリングできるAndroid端末を用意して、iPodtouchのほうをメインに使うという考え方も無きにしもあらずだな、と少し考えていこうかと思います。

Apple 新商品 iPod touch 8GB
B0040ZO91M