小さなお子さん向け番組と言えばお母さんといっしょぐらいしか知らなかったボクですが、最近我が家の娘(1才)が毎日のように見ている番組と言えば、「いないいないばあっ!」。

平日の毎朝8:25〜8:40に放送していて、毎日これを見ています。
パナソニック株式会社さんから全録DIGAであるDMR-BXT970-K をお借りしているのですが、これのおかげで見逃した日も録画予約していないにもかかわらず今朝放送されたいないいないばあっ!」をさくっと検索して再生して楽しむことが出来ます。
 
 


見逃したときだけで無く土日も!

全録DIGAはチャンネル録画という全てのチャンネル(現在の設定では8チャンネル分)の全番組を常に録画し続けています。
こういった機能のおかげで録画予約せずとも、今朝見逃した番組もさっと探して見ることが出来ます。



ところがですね、この番組。毎朝習慣のように見ているのですが、土日は放送していません。
サラリーマンは土日があるかもしれませんが、彼ら乳幼児の年代にとっては土日の感覚はありません。
そこで、習慣化していることもあって、土日であっても「いないいないばあっ!」を見せたいと思っていました。

そこで、土日の朝もさくっとマイクで検索して番組を検索します。
注・音声検索の使い勝手とかは別記事で書いております→突如として現れた渋谷上空のブルーインパルスのニュースを #全録DIGA で振り返る : ムジログ

するとこの1週間ぐらいで放送されたものがすべて録画されているので、どれか選んで再生すれば、喜んで見始めるのです。
特に毎朝習慣化している「わ〜お!」という歌の体操は、まだきちんと立てない娘にとっては喜んでカラダを動かせるコーナーなのです。毎日の運動としてもこれがきっかけで土日も休むこと無く喜んでカラダを音楽に合わせて動かしています。

この「わ〜お!」というのは良く出来ているですが、我が家の娘の場合は、カラダを支えることが必要ですが、このコーナーに限ってはテレビを見ながら笑顔で立ち続けることが出来ます。
そして、「みんなでね、こんにちは」というフレーズでは会釈するし、少しずつこれをみながらマネする動きが増えてくるので、これを毎日の習慣としています。
だからこそ、見逃した日や土日も欠かしたくなくて、全録DIGAを活用して毎日これを見させています。

ワンワンとの出会い

この番組を見て始めて知ったキャラクターなのですが、小さなお子さんの間では超有名らしいです。
幼稚園の折り紙で登場しているとか。

さて、このワンワンというキャラクタ−。
いないいないばあっ!」で登場するキャラクターのうちの一人です。

犬のキャラクターだから「ワンワン」なのか。
すごく安易なネーミングだな、というのがファーストインプレッションですが、このワンワンのせいで、うっかり「ワンワン」で番組を検索してしまったのです。

するとですね・・・

「ワンワンパッコロ!キャラともワールド」という番組が同じNHK(でもBS)であるではないですか!!
このワンワン。他にも番組を持っていたか。

うちの娘もきっとワンワンは大好きなので、この番組たちも見せてやろうと思いました。

ワンワンパッコロ!キャラともワールド – キッズワールド NHK Eテレ-こどもポータル

ところがですね、この番組見始めていると、アラサー世代にとって琴線に触れるキャラクターが登場するわけです。

オープニングに出てくるこれらのキャラクター。

えーっとなんだっけ。じゃじゃ丸、ぴっころ、ぽろり・・・だっけ
左下のキャラクターは知らない・・・

え!ゴン太くん!?

そう、NHKの幼児向け番組のキャラクターがコラボしている番組なんです。
しかも、アラサー、アラフォー世代が子どもだった頃のものが出てくるので、これはお父さん、お母さんもついつい見てしまうのでしょうか(子ども向け番組なのに何故か大人が楽しめるようなシュールなネタが入っているような気もする・・・)。

メインナビゲーター(?)はワンワンのようですが、彼はこの番組内で「ワンルーム」というコーナーを持っています。ワンワンの部屋だからワンルームってのはわかるのですが、絶対「ワンルームマンション」とか連想させるように遊んでいるようにしか思えませんwこの番組のノリ的には。

というわけで、この番組をチャンネル録画一覧から通常録画に写して永久保存にしてしまおうかと考え始めたのでした。

つまりですね、こういうことが起きるのです。

気軽に検索したら思いも寄らなかった番組と出会ってすぐ見られてしまう

今までの録画機と言えば、録画したものしかそこにはありません。
全録DIGAには意識せずとも全チャンネル全番組録画されているようなものです。

そこで、見たい番組を検索することもあると思いますが、検索結果から思いも寄らない番組と出会ってしまいます。そして、すぐにその内容を再生出来てしまうので、再生してみて初めて、「こんな番組、知らなかったけどこれは見たいなぁ」という想いに結びつけてしまうのです。

偶然の出会いから見たい番組への進化。
これのおかげで見せたい幼児番組は増えるし、今回見つけた「ワンワンパッコロ!キャラともワールド 」にいたっては自分たちの子どもの頃のキャラクターの懐かしさもあって、一緒に楽しめる番組なんです。

もちろん他の録画予約できるHDDレコーダーで「ワンワン」で検索すればその番組名が出てきますが、録画予約して放送終了後、チェックして初めてその番組内容を知ることになります。録画されても見るタイミングを逃して見ずにお蔵入りすることもあるでしょう。

しかし一方、全録DIGAではすでに録画されているものから検索してすぐさまチェックできるので、「この番組は見よう!」という判断がすごく速いし、チェック漏れも無いでしょう。

「全録DIGA」は意識していないけど見たい番組との運命の出会いを提供する仕組みなんだと思います。
それは意識していなかった同級生のあの子の意外な一面を見て恋をしてしまうのに似ています。

こういっ