周辺機器・サプライ

Amazonから届いたらいきなりサビてた件

IMG_1360.JPG

現状の机がもうガタガタ、ボロボロ、倒れそうということで、気分一新も含めて机の買い替えを決意しました。

ニッセンさんとかいろいろ通販を見て比較検討するのですが、良いものがあっても納期が 6月下旬になってしまい、今すぐバリバリ使いたい人にとっては物足りないものです。

そこで、Amazonで買うことにしました。望んだ商品が予算の範囲内で買えたので、Amazonはやっぱりすげぇ、と思ったのだけども届いてからがびっくり。

開封すると上記の通り(目立ってないかもしれませんが、錆びているのです!

とても酷いというわけではなく、中古の事務机にありがちなサビレベルで、実用性には問題ないので、まあ、いいかーと思ったのです。

しかし、賞味期限がある製品ではないので、中身が見えない状態で倉庫に眠っていたとしても、サビるときは錆びるんだろうなぁと思いました。

きっと同じような体験をしている人が他にもいるはず。

まあ、これはAmazonに限らず通販全体に通じるものですが、賞味期限が無いものであって、商品の鮮度(製造期間だけでなく流行、その時代にあったもの)を保てるような 在庫管理が必要なんだと思いました。一言でいっても難しいことというのはわかっていますが・・・。

でも、特に天板が綺麗で組み立てた後に机もガッチリしていて、錆のことを忘れるぐらい満足しちゃいました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-周辺機器・サプライ