WordPress

WordPress3.0が出た。勢い余って3.1-alphaまでアップしてしまった

スクリーンショット(2010-06-18 15.03.07).jpeg

日本語版はこれからですが、英語版でWordPress3.0がとうとうリリースされたようです。

うっかり、管理画面からベータテスタープラグインからアップデートしてみたら、勢い余って 3.1-alphaまでアップしてしまいました。

というわけで、どうするか考え中ですが、改めて3.0の機能についてこのエントリーからおさらいさせてもらいたいと思います。

このリリースには大きな新機能として、魅力的な新デフォルトテーマ、Twenty Ten (トゥエンティテン) が含まれています。テーマ制作者向けには、カスタマイズ可能な背景、ヘッダー、ショートリンク、メニュー (もうファイルを編集しなくて済みます)、投稿タイプ、そして分類 (タクソノミー) を簡単に実装できる新しい API があります (Twenty Ten テーマではこれらがすべて活用されています)。

一言で言えば、デフォルトのテーマである程度自分好みのデザインにカスタマイズがしやすくなっていることが挙げられます。製作時間の短縮に繋がりそうです。

開発者やネットワーク管理者の方には、長い間待ちに待ったWordPress と WordPress MU の統合を 喜んでもらえるでしょう。新しいマルチサイト機能を使えば、イントール一回でひとつのサイトだけを運用することも1,000万サイトを動かすこともできま す。

「1,000万サイト」と聞くとビビリますが、単純に複数のブログやサイトを持つのにひとつのインストールで済むことは便利だと思います。もちろん、サイト数×アクセス数分に耐えうるレンタルサーバなど入れ物は必要になります。

しかし、ここで語られていないのは「運用面」です。

運用もプラグインのアップデートやインストールを一回の操作で全サイトに反映させられることができるのです。これが将来的にサイト運営していくにあたっての時間の節約になります。

https://videopress.com/v/wp-content/plugins/video/flvplayer.swf?ver=1.21

まだ3.0の新機能は追いきれていませんが、ベータ版を今まで使っている限り、不自由は無かったので、安心して使える正式版になるのではないかと思います。そして、新機能などを試していくうちに、新たなサイト作りのアイデアも生まれてくるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-WordPress