ノイズキャンセリングフォンを使ったことがないのはもったいない

 ノイズキャンセリングフォン by you.

おととしぐらいからノイズキャンセリングヘッドホンやイヤホンに興味は持っていたものの、今までデフォルトのイヤフォンしか使ってなかったり、買っても2,980円レベルのイヤフォンしか使ってないボクにとっては、非常に高いお買いものというイメージがあった。同じようにずっと買った当時のイヤホン使っているよ、という人も同じようにお高く感じるに違いない。

しかし、iPhone購入を機にノイズキャンセリングイヤホンを買って使い始めてからの電車移動時やマクドなどでの滞在時間が、見違えるぐらいに感じた。そして、これは早く手に入れて体験してもらうのが一番だと思う。

どのように変わったかというと、周囲の騒音を消すという働きよりももっと大事なこと、曲(特にクラシック曲)のp(ピアノ)の部分がそれほどボリュームを上げなくても聴こえるようになったり、JPOPでも今まで気付かなかったバックに流れている装飾音やハーモニーなども「今まで何故聴こえなかったのだろう」という具合に聴こえてくる。

それによって、外出時の音楽の楽しみ方が全く別のものになるし、たんなるBGMというよりも「聴く」ということに集中できる。音楽を楽しめるのだ!

つまり、自宅以外であっても移動時や外出先での作業時であっても音楽の裏メロなども存分に楽しめるような環境を用意することができる。

家電量販店の試聴はあてにならないかも?

実は買った人でないとノイズキャンセリングイヤホンの良さがわからないのかもしれない。

家電量販店で試聴していても、よくわからないことが多い。それはお店の店内放送やBGMがそれなりのボリュームで流されていて、それが明確に聴こえてしまうからだ。

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-NC500Dが凄すぎる件 – ムジログ

実際に視聴して明確に違いがわかったのはSONYのMDR-NC500Dだ。

これはヘッドホン型であり、耳を覆い尽くすので、まずその部分からしてイヤホン型と大きく違う。しかしこれは他のヘッドホンと比べても明確な違いがあった。だからこれを指名買いしようと思ったし、これ以外はあり得ないと思っていた。

しかし、ヘッドホン型の欠点は汗とか髪型という問題に及ぶ。

特に髪の毛の本数が減るこの年頃はヘッドホンをはずした後の髪型に注意しておきたい。

というわけで、あまり消音効果がわからないSONYのイヤホン型のものを買うことにした。

なぜそのSONY製にしたかというと、飛行機や電車で各地を演奏旅行で飛び回っているトランペットの先生が絶賛していたからである(リアルなクチコミ)。壊れても同じ機種を指名買いしているとのこと。

そこで、早速買ってきて電車内で使ってみました。

すると、驚くほどの消音効果を体験したのである。

体感1/4といった感じだろうか。このおかげで、ノイズが無くなったことよりも小さい音や裏メロがしっかり聴こえてくるようになった。ここが新鮮だった。

つまり、店頭ではその違いがあまりよくわからなかったのだけど、電車や街の雑踏、マクドなどのようなカフェなどで使うと、大きな違いを感じる。

もちろん100%消音するわけではないので、聞こえてくるものは聴こえてくる。

しかし、音楽を携帯プレーヤーで楽しむことに拡がりを持たせてくれた、と思う。

もし、検討中で躊躇していたら、すぐに買って試してみるほうがいいと思う。そうかまわりの知り合いに貸してもらうなど・・・。

 

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン ブラック MDR-NC22 B

ソニー (2006-10-10)

売り上げランキング: 2576

おすすめ度の平均: 4.0

4 電池寿命が長い

3 購入から1年半経って…

4 長時間フライトに適したヘッドホン

5 いいです

3 プレーヤーを繋いでいない事が多いんだな、これが・・・。

 

・・・。Amazonだとさらに安くなってる。

Amazonで買ったほうがよかったかも、とw