「Google Docs」へのファイルアップロードを大幅拡張

スクリーンショット(2010-01-13 17.53.42).jpeg

とうとうグーグルの「Google Docs」が音声ファイルや動画だけでなく、大人気のZIPファイルまでアップ出来るようになるとのこと。これは衝撃ですね。

仮にオフィス文書(WordやExcelのような)を「Google Docs」で一元管理しているとするならば、それ以外のあらゆるデータもGoogle預けてしまうことが出来るのである。

グーグル、「Google Docs」へのファイルアップロードを大幅拡張:ニュース – CNET Japanより引用:

Googleは米国時間1月12日、「Google Docs」サービスに変更を加え、あらゆるタイプのファイルアップロードに対応させた。画像、動画、音楽、zipファイルなど、ほぼすべてのファイルがGoogleのサーバに保存される。

 Google Docsファイルアップロード可能な対象を追加したことに加えて、Googleは、個々のアップロードファイルのサイズも大幅に増やしている。同社は、「Microsoft Word」のドキュメントファイルは500Kバイト、「Microsoft PowerPoint」のプレゼンテーションおよびPDFファイルは10Mバイトとの制限を依然として課してはいるものの、Google Docsの対応フォーマットに変換できない他のあらゆるファイルに関しては、新たに最大で各250Mバイトまでアップロード可能となっている。これは、同社が提供中の「Gmail」ウェブメールサービスで許可されている添付ファイルサイズの10倍である。

これはすごいことだとおもうのですが、CNETブログでも書きましたが、今使っているDropboxでそれなりに満足しており、また、ローカルのフォルダと同期する点からしてもDropboxのほうが優位性があるので、今後もこちらをつかうと思います。

しかし、有料オプションで、それなりの容量を確保できるなら、大切なビデオとかもこれでバックアップして、「トラブっても復旧出来る」安心感を買うことになるでしょう。

ちょっと気になる記事だったので言及してみました。

無料でも使えるDropboxはこちらから→Dropbox