Webサイトレビュー

銀行トップページがタッチパネルを意識してる?



三菱東京UFJ銀行

前からこういう話はあるのですが、スマホやタブレットなどのタッチデバイスが増えてきたり、Windows8のいくつかのPCではタッチパネルディスプレイが採用されていたりなど、画面をタッチして操作することが増えています。

PCサイトもそれに合わせて、単なるテキストリンクだと押しにくかったり、上下の行のテキストリンクを誤ってタッチしてしまうという問題がありました。
だからこそタッチパネルに適したパネルのようなリンクを作ることがスマホやタブレット向けサイトで増えてきたのですが、PCサイトにもその波がやってきたようです。 



みずほ銀行

例えば、 三菱東京UFJ銀行の場合にしろ、みずほ銀行の場合にしろ、個人がよく使いそうなメニューに関してはタッチしやすいリンクメニューを設置しています。

これは単純にタッチパネルデバイス向けにこうした、というわけだけではなく、そういった画面にユーザーが慣れてきたからこそ、そのほうが使いやすいという考え方にもなってきたのではないかと思います。
例えば、マウス操作でも普段使っているスマホはタッチパネルでそういったデザインになっているので、そういった使い方に慣れているユーザーにとってもPCサイトもそういうデザインのほうが、その感覚で使えることの方が気持ちがラクなはずです。

そして銀行というお堅いところがこういったことを導入するのはある意味キャズムを超えたと言っても過言ではなく、今後、こういった感じのデザインが当たり前になってくる時代の到来なのではないでしょうか。 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Webサイトレビュー