絶望と希望、失ってはいけないものを失った2014年

福島ブロガーツアー

まったく1年のまとめエントリーを書ける気分でも無く余裕もないけどこのタイミングであえて書き残しておこう。
(注・先日仕事関連で、自分が原因ではないもののとんでもないトラブルがあって、その余波でメンテナンス作業をやっている最中)

この1年、公私共々口に出せないような大きなトラブルや家族の病気、事件が続いた。
とにかくがむしゃらにキャパオーバーしながらも頑張った。キャパオーバーしてこなせていたらかっこいいんだけど、まったくこなせてない。

もう年末だが、それもまだまだ落ち着く気配は無い。

御殿場駅バスターミナル

大きなものを失う決断をした

公私共々ですが、とても大きなものを失う決断をしました。
決して失ってはいけないものを失うことになってしまった。
それも公私共々です。

やむを得ないと一言で飲み込めればいいのだが、事実上とんでもないことをした。手放してはいけないものを手放した。
これは自分の力不足でした。それでしかない。
過去何年にもわたる自分の力不足でしか無い。

ただ、法的にはそうしてしまったかもしれないが、気持ちとしてはまったく手放したつもりはない。
いつか自分の力を取り戻したときに、取り戻せると信じている。

そして、無茶を何度も通り越してがむしゃらにやってみた。
無理しすぎて自分の健康というものも失いかねない状態だった。

何度も死ぬんじゃないかと思った。
一度好転してもまた別の問題が発生し、そして次から次へと頑張っても押しつぶされる思いだった。
何をやっても次の問題で押しつぶされる。もうダメかと思うことが何度もやってきた。

これは厄年ではないか?と錯覚したぐらいだ。

でも、少しずつ事態は好転してきた。
まわりの方の暖かい支援。それがあったからこそ前に進めた。

白くま ラゾーナ川崎限定 どんぶり

希望が見えてきた

本当に力不足だし、何一つまだ解決出来ていない気がする。
しかし、少しずつ良いお話がいろんなところから寄せられてきた。そしてそれに乗っかってみた。

自分は力不足な上に無茶をしているので、例えて言うならば、人よりも重い岩石を背負って動いているようなもの。
なので、どこに対しても動きが遅く出来ることも少なく、中途半端にしか出来ていない気がする。

でもできる限り動いてみる。
動いていたら少しずつ何かが見えてくる。

現実問題は何も出来ていないし、うまく成し遂げていることは何一つない。
すごく苦しい。

でも何かがうまくいきそうな、そんな予感がする。
希望が見えてきた、と言う言葉にふさわしいイメージだ。

はっきりいって今年の自分は特にダメだ。決してイケてない。
でも話がやってくること自体が今までそんなに無かったが、やってくるようになった。
そしてやってくる球を打ち返し続けていて、ずっとストライクかファールという状態にもかからず、少しずつ打ち返せるようになってきそうな予感がする。

そう、まだファールボールかもしれない。でも打てるようになってきた。もう少しでヒットというところだ。

正直なところ苦しかったし今でも苦しい。
そして毎日のように自分の力不足を再認識させられ、出来ていないことに押しつぶされそうになる。

でも光が見えてきた。少しずつ自分らしさを取り戻せる時が来そうだ。

なんとか年末にいろいろと着地させよう

もう、それでしかない。

そうしないと2015年に失礼だ。

2015年は良い話が少しずつ実現していく。

希望が現実になる。

2015年に2014年の負の遺産は残してはいけない。
まだ抱えているモノをしっかりと吐き出して、そして、2015年にしっかりと刈り取る。もうそれしかない。

年末はまだまだ苦しい時間が続くが、少しずつ希望が見えてきたことと、この記事に変な写真を挟み込む心の余裕が出来てきた。

自分らしさを封印して我慢してがむしゃらに頑張ってきた結果はもう少しで見えてくるはず。

もう少し走ろう。

そうすれば浮上できる日がやってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です