さくらインターネットで取得したドメインをCORESERVERで使う方法

最近、一部に公開しつつあるMTOSですが、自分のドメインでも使ってみようと思い、独自ドメインを持ちこみたいと思います。
CORESERVERMTOSがインストール済みなんですが、ドメインさくらインターネットで取得したものが余っています。どうやってそのドメインCORESERVERで利用できるようにするか、こちらでメモしていきます。



さくらインターネットドメイン管理画面で設定
まずしたのが、さくらインターネットの管理画面確認。
ドメインを取得してから何年たっているのかわからないが、毎年自動的に支払が行われているので、自動更新されていると思われます。どういう状態になっているか確認したいのですが、管理画面すらブックマークになく探すところから始まります(笑)。
そしてログインして前回のログインが2006年4月というこをに気づき、2年1か月放置していた事実に築かされます(笑)。

なお、ぶっちゃけドメインCORESERVERと同じ会社が運営しているValuedomainに移管したほうが、ラクに設定できるし、年間維持費用も半額ぐらい安くなるのでそっちのほうがいいのですが、あえて、難しい方法にチャレンジです!

さくらインターネット 会員メニュー
ひさびさにログインしました。恥ずかしいことに住所とか電話番号、まったく更新してませんでした・・。
少し寄り道してきました。さて、ドメインのところへ移動。

会員メニュー > ドメイン > ドメイン名一覧

WS00163.JPG
ドメインが、無事に生きていることを確認。

WS00164.JPG
とりあえず、サブドメインを使ったhttp://cms.windharmony.net/にアクセスしたらMTOSがインストールされているサーバーに向くように設定してみました。WS00165.JPG
とりあえずサブドメインcms(つまりhttp://cms.windharmony.net/)にアクセスしたら202.172.28.62のサーバーに向くように設定しました。
これで、このドメインにアクセスするとMTOSがインストールされたサーバーに情報を撮とに行くように、ドメインが設定されたことになります。

CORESERVER側の設定
<私が用意しているMTOS利用される方はここから先の作業は必要ありません。原則的に私のほうで実施します>
さて、一方、202.172.28.62は共用サーバーでいろんなドメインのHPやブログのデータが格納されています。「http://cms.windharmony.net/」の情報を求めてやってきたブラウザがサーバーの中のどのデータを見ればいいか設定します。

WS00166.JPG
CORESERVERのウェブ設定画面を開きます。
ここで、先ほど設定してやった独自ドメインを打ちこみます。
ここでは左側の空欄に「cms.windharmony.net」と打ち込みます。

それでドメイン設定すると、数分後にサーバー上での設定が完了するのでコンテンツを作りはじめることができます!

MovableType側でブログを新規作成する
WS00167.JPG

あとはMovableTypeの通常のブログ作成の手順に従って、入力していきます。
諸々設定して、ブログで試しに投稿してみます!

WS00168.JPG

無事ブログの投稿ができました!!
これで、心おきなくブログが書けます(もちろん、ブログの性質やウェブページにするにあたって、設定を最適化していきます)

今日のwackey
よかったこと
モバイルECサイトの勉強会に参加できたこと。2時間という時間でもインプットする内容は濃い!!
感謝の言葉
様々な苦労をして手に入れた情報やノウハウを勉強会の場で公開していただきありがとうございます!
ポジティブ宣言!
いろんな方に気配りができるように頑張ろう!オウ!

コメント

  1. わたしも放置してあるドメインが有ります。
    2年間アクセスしていないと言う実情、よく分かります(笑)。ドメインを複数持っていると、こういう事って良くあるんですよね。
    わたしは放置してあるドメインも含めて、料金が安く、ドメインマッピングなど多彩なサービスを受けられるバリュードメインに全て移管しています。やっと5つ移管しましたが後何個有るやら...。

  2. 僕も多数ありましたが、もったいなくなって減らしたりしています。捨てる勇気も必要なんですよね。まだひきづっているものもいくつかあったりします(笑)
    個人的にはドメインを取ったときは「やるぞ!」と気合入るけど、続かない。それが問題なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です