Webサイト開発・運営

運営しているサイトでWordPress3.7の自動更新したよってメールが来た

スクリーンショット_2013-11-04_10.36.12-6

いきなりこんなメールが届いてびっくりしました。
先日WordPress3.7にアップデートした某サイトが3.7.1に更新したよってお知らせメールです。

WordPress3.7から自動バックグラウンド更新機能が入りました。
これでなかなかアップデートしない管理サイトが減ってくれるといいんですけどね。

なお、自動バックグラウンド更新はリリース後すぐさま、というわけであるいくつかの条件の後に実行されるようです。

WordPress › 日本語 « WordPress 3.7.1 自動バックグラウンド更新のスケジュール

現在、ローカライズ版の自動更新に必要な WordPress.org 側のインフラ整備が行われています。コア開発チームからの情報によりますと、必要な変更は数日間以内には実施できる予定とのことです。

この変更が完了次第、WordPress ダッシュボードの「設定 → 一般設定」画面で設定したタイムゾーンの午前または午後7時に自動更新が実施されます。すべてのサイトに一斉に起こるのではなく段階的に展開されるため、もし条件が整っているにもかかわらず自動更新が完了しない場合は12時間待ってみる必要があるかもしれません。

最大でも12時間待つことになりそうですが、それでも速やかな更新で最新の状態を維持し続けることが、手間無しに実現できて、特に多くのサイトを管理している方には便利な機能ではないでしょうか。

WordPressがスッキリわかる本 WordPress 3.6/3.7対応 
4839948283

オープンソース ブログ&ウェブサイト構築ソフト WordPressガイドブック Ver.3.X対応 
4798034711

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Webサイト開発・運営