WordPress3.2にバージョンアップしました

WordPress3.2
WordPress3.2は大きなアップグレードになります。ドキドキしながら慎重にアップグレードしました(とうのは嘘で信頼しているせいか、単にボタン押しただけでアップグレードしてしまったのはここだけの話w)
見た目があまりにも変わっていて、実際に機能的なものや動作条件なども刷新されたこのバージョンでは“高速・軽量な動作にフォーカスした”とあるように、今まで重く感じていたユーザーにとっても良いニュースになるでしょう。


WordPress | 日本語 » WordPress 3.2 に向けての準備 バージョン 3.2 から、PHP 5.2.4 と MySQL 5.0 以上が必要になります。一年ほど前にこの変更について告知したとおり、PHPMySQL の古いバージョンを使っている人は比較的少なくなっています。しかし、4500万人の WordPress ユーザーがいる現在では、少数派とはいえかなりの数になります。明日 3.2 がリリースされた際のアップグレード時に、対応しているバージョンを利用しているように準備しておいてください。


このサイトで説明があるように、必要なPHPMySQLのバージョンが上がっています。古くからWordPressを使ってきたユーザーにとっては借りているレンタルサーバーの動作環境の確認が必要です。

WordPress 3.2リリース、管理UIの刷新やエディタの改良などが特徴 – SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載 3.2では管理ユーザーインターフェイスを一新、デフォルトのテーマはHTML5対応の「Twenty Eleven」となった。PC、スマートフォンタブレットとさまざまな画面サイズに対応し、インタラクティブ性に優れカスタマイズも容易という。投稿編集エディタでは、ウィジェットやメニューなどが消えてコンテンツ作成に集中できる「Zenモード」が加わった。合計で、400以上の強化が加わったという。


新しいデフォルトテーマがHTML5対応でスマートフォンタブレットも意識しているようです。その他いろいろ機能が強化されているので、ブログ投稿だけでなくWebアプリケーションプラットフォームとしての利用可能性も検討したいと思います。

あ、ボク自身もWordPressプラグインを何個か作っていますのでちょっと動作検証しつつ、新たな機能が追加できそうだったらチャレンジしてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です