音楽

ジュトゥヴ(Je te Veux)

この曲は20才のころのテーマソングだったかもしれない。
母校の吹奏楽部の定期演奏会でこの曲(収録CD:ニュー・サウンズ・イン・ブラス '94)が取り上げられた。

ちょうど、その演奏会の春、生活環境も変わり仕事を始めた。
その時に出会った人に本気で恋をして、その時にその演奏会のときの音源(曲が収録されたMD)を何度も聴きまわしていて、いつもそばにいた。

最初、「ジュトゥヴ(Je te Veux)」の意味は知らなかった。
もともとエリック・サティが作曲した曲で、日本語では『お前が欲しい』『あなたが大好き』などとも訳されたそうだ。
その時の恋愛とこの曲がすごく結びついています。
そして、フランスで海外挙式を行った時に、彼女にこの言葉を告げる予定だった。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-音楽