アプリレビュー

iPadでプログラミングを楽しみながら学べるSwift Playgrounds

ゲームというか、パズルというか、そんな楽しみながら学べるプログラミング学習アプリがあることに気づきました。
その名も、Swift Playgrounds

なぜ知ったかというと、iPadOS 15のニュースからでした。

さらにiPadOS 15では、iPadおよびiPhoneアプリを学び、作成し、App Storeに提出することができる新バージョンのSwift Playgroundsが搭載されている。これは、Appleのアプリ開発の世界において、大きな前進を意味する。今後ユーザーは、Macを使わずにSwiftを学び、アプリを投稿することができる。

マルチタスクが改善されたiPadOS 15、新Swift Playgroundsでアプリ作成から公開まで可能に | TechCrunch Japan

なんと、次のiPadOS 15のSwift Playgroundsではアプリを作って、App Storeに出すことまでが出来るのである。これはスゴイと思ったのと同時に、現段階でのSwift Playgroundsはどうなっているんだろう?と疑問に沸いて検索してみて、見つけたのです。

今まで知りませんでした。
こんなに楽しくプログラミングを学んでいける、アプリがあるのを。

ついつい寝る前の日課にとして毎日、学び始めるということになりました。

これで次期OS、iPadOS 15が出る頃にはiPhoneアプリが作れるようになっているでしょうか。

楽しみです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-アプリレビュー
-,