XREAやさくら、ロリポップでの設定も載ったPHP逆引きレシピ

個人的には現在最も手元に置いておきたい本となっているのが、この「PHP 逆引きレシピ 」である。2009年6月初版で比較的新しく、“逆引き”の何ふさわしく、やりたいことから、関数を引っ張ったり出来る。


目次

第1章 準備
第2章 PHPの基本構文
第3章 PHPの基本テクニック
第4章 ファイルとディレクトリ
第5章 PEARとSmarty
第6章 Webプログラミング
第7章 クラスとオブジェクト
第8章 セキュリティ
第9章 トラブルシューティング
第10章 アプリケーション編

この本は、入門書としては厳しいと思いますが、意外と知らない部分が細かく噛み砕いて書いてある印象があります。冒頭の準備でXAMPPやMAMP、ECLIPSなどのインストール・設定についてもそれなりのページ数を割いて書かれている。700ページを超える分厚さですが、手元に置いておきたいレファレンスになっています。

「セキュリティ対策のポイントと実際」というページでは、新しいことにチャレンジしがちなボクのような入門者にとっては警鐘を鳴らしてくれるのにふさわしく、なぜ、これがいけないのか、具体例と共に教えてくれる内容になっている。

アプリケーションとしてはPHP MyAdminだけでなくWordPressとMyNETSの紹介もされている。これらはオープンソースとしても代表的なアプリケーションであり、PHPの本なのにそこまで手広く書いてあるので、一緒にそれらのことを知っておくのは有益かもしれない。

しばらく頼りになりそうな1冊である。

コメント