おでかけでプライベートビエラを使うために番組を転送してみたよ

IMG_20150711_084610.jpg

先日、仕事仲間よりBBQの招集がかけられ、立川の昭和記念公園に行ってきました。
クルマで一時間程度と思っていたところ、渋滞もあり、2時間近くかかってしまった。

そんな時に子どもはイライラするわけです。
いろいろ遊んだり歌ったりしても飽きるわけで、そんな時に一番の即効薬がタブレットでHuluアンパンマンいないいないばぁ!を流すこと。

ところが、Huluを移動中に流すことは、パケット通信料がかかっていることでもあり、スマホでテザリングしているとソッコーで7GB制限なんてことも多いわけです。

そんなときに現在モニターでお借りしているプライベートビエラ。

録画データを持ち出しておでかけする!

これは録画も出来るのですが、録画した映像をテレビ本体(?)に持ち出しておでかけにもっていくことも出来るのです。

一番上の写真でちょっと見にくいですが、「micro SDカード」を本体に挿して、そこにデータを保存します。たまたま家にあったmicro SDカードが1枚あったのでそれに録画データを入れてみました。

まずは右下の「おでかけ番組」をタップ。

IMG_20150711_084758.jpg

するとおでかけに使う機能の選択肢が表示されます。

IMG_20150711_084808.jpg

  • モニターへ持ち出す(おでかけするための手続きをする)
  • 持ち出したデータを再生する

の二択です。

まずはモニターに挿してるmicro SDカードにチューナー部に録画された録画データを移します。
これ、意外と時間がかかるので注意。

で、毎日のように録画予約していた子ども向け番組「おかあさんといっしょ」と「いないいないばあっ!」の2種類を適当に選んで持ち出す番組を選びます。

ここで、番組を選ぶ時に気づいたのですが、毎日録画しているものは番組ごとにフォルダ家まとめられているのはわかりやすいと思いました。

IMG_20150711_084834.jpg

おかあさんといっしょの一覧です。
適当に2話選びます。いつだったか忘れましたが、歌のおねえさんがセーラー服を着てるシーンがいつだかかあって、あれはお宝映像になりそうです。

さて、そんな話はどうでもいいです。
持ち出す番組を選びます。

IMG_20150711_084848.jpg

IMG_20150711_084908.jpg

IMG_20150711_084914.jpg

結果、持ち出す番組数はそれぞれ2つずつの合計4つ。
実は事前に5つ選択してみたのですが、容量オーバーでした。

つまり4GBのmicro SDカードには合計で78分。約1時間ちょっと入るという計算です。

というわけで、ちゃんと映画とか特番とか撮りためたモノを持ち出すにはもうちょっと容量の大きいmicro SDカードを用意した方が良さそうです(たぶん、32GBとか家を探せばあるはず)。

で、番組の転送を始めるのですが、今すぐ転送なのか電源「切」後に転送の二択が表示されます。

とりあえず、今すぐ転送して、おでかけに持っていきたかったので「今すぐ転送」を選択しました。

IMG_20150711_084931.jpg

転送が始まります。24分ほどかかります。

意外とかかるなぁ。

IMG_20150711_084952.jpg

というわけで、支度をしている間に24分ほど経ちまして、転送が完了しました。

その後、テレビに持ち込むわけですが、運転席の頭の部分のところにタブレットと同じようにうまいこと取り付ければ、それでチャイルドシートに座っている子どもは喜んで、テレビを楽しむのです。

実際の取り付けたシーンはまた別途アップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です