iMac

結論としてメインマシンだった(!)MacBook Airの外付けディスプレイとしてiMac 27inchを選びました。これが、クアッドコア搭載のMac OSが動くマシンでマウスとキーボードも付いてきました。しかも27inchで2560×1440と画面が広い。試しに使ってみたところ、作業効率が著しく向上しました。


外付けディスプレイ探しの旅

以前はMacBook Airがメインマシンになっていたのですが、作業効率向上のために外部ディスプレイ、デュアルディスプレイのようなことができないかと検討していました。相当仕事や作業に追い込まれていたのでしょう(苦笑)。

ディスプレイ売り場で主流と感じたのはフルHDの1920×1080の解像度のものです。しかし、中途半端感も感じているし、すでにiMac27inchの2560×1440という解像度を知っている以上、iMacを買う時まで待ってもいいのでは、と思うようになりました。
しかし、念のため2560×1440のディスプレイの価格を調べると10万円前後とわかったのです。たとえばこの辺の機種です。

そうすると、プラス10万円もかけずに高性能なMac機能(?)付きのディスプレイが手に入るわけです。しかも、うっかり確認したのですが、MacBook AirからiMacを外付けディスプレイとしても利用出来るのです。これは良い外付けディスプレイかもとわくわくしてきました。

2.8GHz Quad-Core Intel Core i5(クアッドコア)をCPUとして選択しメインメモリ8GBに上げても20万円もしないのです。当初はこれがそんなにすごいものとは思っていなかったのです。開発環境を持ち歩くMBAと別にもつのも大切かもと思い、データの共有方法やらいろいろ検討して調達に至ったわけです。

解像度はやっぱりすごい

横が最大でも1440ピクセルの画面でしか使ったことがありません。2560×1440は未知の領域です。これが使ってみると快適すぎてなんとも言えません。Spacesと組み合わせても最高です。

iMac画面

twitterクライアントでおなじみTweetDeck
もう病気になるというぐらいに同時にカラム分けされたツイートを追いかけることができます。

iMac画面

Dreamweaver CS5の画面。分割ビューでもサイトデザイン横方向に全体、ソースコードも見通しよく見渡すことができます。

iMac画面

ブラウジングやブログを書きながらのInDesign作業も余裕。むしろスペースが余ってしまっています。TweetDeckもRadikoもバックグラウンドでは動いています。

iMac画面

実は「VMware Fusion 3」を同時に起動していてそれでWindows7を動かしています。主に携帯のシミュレーターやブラウザの動作確認、キャプチャーなどにも使用しています。また、Windows 7なのでXPモードでIE6の検証などにも使っています。CPUも超速いので、余裕の動きをしてくれています。ちなみにノートンインターネットセキュリティも動いていますwそれでもサクサク動くんです。

余裕のよっちゃん

本当に信じられないのですが、重い「VMware Fusion 3」上で動くWindows 7がサクサク動くし(割り当てているのは2GBRAM、2コア)、Adobe系もことごとく同時起動&編集、そしてTweetDeckやradikoを鳴らしていても全然平気なんです。

iMac画面

CPU一同余裕と申しております。そして4つメータがあるのでクアッドコアということもわかります。

iMac画面

8GBに増設しておいた、ということもありますが、これも余裕のよっちゃんなのです。

MacBook Airは持ち運びにも向いているしSSDなのでOSやアプリケーションの起動は爆速です。しかし、CPUはCore2Duoで動画編集になると非力な感じがあります。そういったグラフィック動画関係に関してはiMacに軍配が上がります。iMacであれば解像度が高いことによる作業効率向上が感じられ、同時に複数のアプリケーションを起動していてもへこたれないので残りメモリなんて気にせずにグラフィックツールを使いまくることができます。
そういった意味ではムチャぶりしてもiMacはヘコタレない良いマシンだと思います。

そして、デスクトップはコストパフォーマンスが高く、性能的にも物理的にも長持ちする気がします。当然持ち歩いたり落としたりしませんので。そういう意味では長く付き合うマシンとして投資するのはアリだと思いました。

あれ?外部ディスプレイの話はどこに・・・(iMacがメインマシンになり、MacBookAirがサブに。しかし、Webサービスの開発データは同期する、という新しいことにチャレンジしています。これはまた別途記事にて。)