MacでPHP

新しいMac OS X 10.6.7のマシンを目の前にしてPHPを動かす環境を急いで作らなければ、と焦っておりました。もちろんXAMPPとかMAMPとか、もしくはMacPortsなんかを頼っても良いでしょう。事実、今までそうしてきました。

でもこれに気がついて、あっさりと早くPHPを動作させられる、ということを知りました。余計なソフトをインストールしなくてもいいんです。

Web共有

Macユーザーならご存知の方も多いですが、環境設定から共有、「Web共有」にチェックを入れると、ご自身のMacがWebサーバとして機能します。しかし、この状態ではPHPは動きません。PHPを使うには少し設定を変える必要があるのです。

Finderで移動、フォルダへ移動を選択し

[php]/etc/apache2/[/php]

内のhttpd.confファイル中のある場所にある「#」をひとつ削除するだけでOKなんです。

[php]#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so[/php]

「#」をひとつ削除するといっても具体的には上記記述の行頭の#を一個削除することになります。また、httpd.confは初期設定ではシステム上編集不可の状態です。そこで、下記サイトを参考にしました。

Mac OS X Snow LeopardのGUIでApache2のhttpd.confを編集/保存する | 自由で気ままな日々

サクっとこれで動きます。ただし、Web共有を一度オフにしてオンにする、つまり再起動だけは忘れずに行ってください。

あとはPEARを入れてみたりMySQLを入れてみたりしますが、次にためしたいことはサイトのデータをDropboxで他のマシンと共有することです。これが実現できれば、サイトのデータの受け渡しがストレスフリーになり、間違いも無くなりそうです。先日もバージョン管理してくれてたおかげで、先祖帰りしていたのをリストアできて助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です