Webサイト開発・運営

Movable Typeで何ページまで現環境で耐えられるか!?

2008年9月17日

今、このムジログはだいたい800エントリぐらいあるのですが、そもそもMovable Typeで何エントリまで投稿するのに耐えられるんだろう、という素朴な疑問に関して実験してみました。
といってもサーバーによって結果が異なると思いますし、ものすごくおおざっぱな実験なので信頼性には欠けますが、おおよその目安としてみていただければ、と思います。


前提条件としては、このムジログで使っているCORESERVERでDBはMySQL、ダイナミックパブリッシング機能を使ったもので実験してみました。

具体的な方法としてMovable Typeで商品紹介ページをcsvファイルから量産する方法で実際にcsvファイルからエントリを量産してみました。
量産されたバックアップログをインポートして再構築という方法です。

8,000エントリの場合

再構築は完了しました。
一応、それなりにページは見れるようです。

25,000エントリの場合

再構築が途中で白紙状態。1時間以上再構築しています。ギブアップの模様です。
せめてインデックスだけでも、とインデックスのみを再構築してもエラーが出ます。
管理画面でブログ記事一覧を表示させても、モサっとした動作です。重い。

と、2パターンだけかよ!と突っ込まれそうですが、おおよそ10,000ページ上限を目安にすればいいかな、と思っております。
もちろん、ここから負荷対策のための仕掛けであるとか、再構築を制御したりとかすればもっとレスポンスは上がるかもしれませんが、どちらかというとこれからプラグインなども増やしカスタマイズしていくので、上方修正はあまりしないほうがいいかもしれません。

ところで、10,000エントリ。
どれだけの投稿数か大きすぎてイメージできないかもしれません。
仮に毎日2投稿するとすれば13年ぐらいですので、その頃にはサーバーのスペックもMTの仕様自体も変わっているので、取らぬ狸の皮算用かもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Webサイト開発・運営