盛る重低音はイヤフォンのイヤーピースの調整をしてはじめて実感できる!

盛る重低音

本人の性格上、一人で集中して作業したい場合は、イヤフォンなどで音楽を聴きながら作業する。

極力まわりの会話とか聞かないようにするためにシャットアウトするのが狙いだ。
それらが気になってついつい、作業も脱線してしまうからだ。

さて、そんな性格上、イヤフォンをカバンに入れるのを忘れると極端に作業効率が悪くなってしまう。
そこで、忘れた本日、少し安めのイヤフォンを買ってみたのだが、ちょっと選ぶのを間違えたかも知れない(モノはいいと思うんですけどね)。聴く音楽の音質ってこんなに違うんだな、と。

とりあえずビックカメラに行ってみたのですが、この「盛る重低音」というのが魅力に感じたのでこれにしてみた。

盛る重低音

audio-technica GLAMORCY カナル型イヤホン ブラウン ATH-CKF77 BW
B00DV7IC9A

エナメル調ポーチ付というのもどうでも良かったのですが、こんなのがついていたので、意外とイヤフォン入れとしてもいいかな、って思ってしまった。

盛る重低音

別にギャルギャルしい印象のイヤフォンが欲しかったわけではなかったが、2,000円少しでポーチがついて、重低音を打ち出しているなら安いと思ったのですよね。

この「L」「R」の表示もなんだか今まで使っていた硬派(?)なものと違ってギャルっぽい。

盛る重低音

ケーブル自体は平良で表裏が薄いグレーとブラックという配色。

盛る重低音

見た目はこうしてみると悪くない。絡まないようにも扱えそう。

盛る重低音

さて、肝心の装着感と音質なんですけど、あまりにも普段使っているのが良すぎるせいか、若干不満に感じたのは事実。

なんか思ったよりも低音が効いてないし、音もいまいちと思っていたのです。思ったよりも軽い感じの音質だし。

しかし○○を調整すると聞き違えるぐらいに良くなる

ちょっと工夫することで劇的に良くなるんことに気づきました。

いつも無視していたイヤーピース。実は3サイズ入っていて、デフォルトが装着済みのS。それより大きめのMと小さめのXSが入っている。

イヤーピース

当然ですが、人によって耳の形や大きさは違うわけです。
ちょっと試しに小さめにしたり大きめにしたり調整してみました。
これが最初に付けたのと聞き違えるぐらいに変わるのです。

しっかりと音が耳に入ってくる感じ、そして商品のキャッチコピーに偽りない重低音。
これ、イヤーピースが合ってない時とまったく別物に聞こえてくるぐらいなんです。

もし、今お持ちのイヤフォンでもおや?と思ったら試してみてもいいかもしれません。

audio-technica GLAMORCY カナル型イヤホン ピンク ATH-CKF77 PK
B00DV7IC36

audio-technica GLAMORCY カナル型イヤホン ホワイト ATH-CKF77 WH
B00DV7ICA4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です