ATI Radeon X1300/X1500アップデートで発生した問題を解決

自宅で使っているPCにはATIのグラフィックボードを載せています。

ある日、ドライバのアップデートの必要性に迫られてアップデートしました。

参考:Photoshop CS4の背景が異常から気づいたGPU利用機能 – [mu]ムジログ

しかし、このアップデート後から、起動時にエラーのダイアログが表示されます。ちょうどこんな感じです。

ファイルまたはアセンブリ’MOM.Implementation, Version=2.0.2614.38980, Culture=neutral, PublicKeyToken=90ba9c70f846762e’、またはその依存関係の1つが読み込めませんでした。指定されたファイルが見つかりません

何を言っているか、わかりません。

で、ググって調べていると、どうやら、ドライバをアンインストールして、インストールする、つまり再インストールするということがわかりました。

しかし、それでも正常に動かなかったので、深掘りしていきました。

次に判明したのが、ドライバを完全に削除するというところです。

いくつか参考にしてみたのですが、削除用のソフト自体へのリンクが切れていたりして、しばらく放置していました。

そして、今日、調べて新たなソフトがわかったので、ご紹介します。

4Gamer.net ― PCビギナー救済連載「PCゲームのお作法」(10)ドライバ編・中-1(リンク先は「“おまじない”の唱え方」へのアンカーリンク)

「ゲーマー」とか「PCビギナー」という言葉にとらわれることなく読み進めていくと、このソフトが古いドライバを完全に削除してくれるもののようです。

これを早速使ってやっていこうと思いソフトをダウンロードしてインストール。

ダウンロード:Guru3Dのダウンロードページ

そして、実際に削除を行う際は、Windowsの再起動やセーフモード起動など、このページを開けない可能性があるので、念のためプリントアウトして行いました。

すると、無事、完全に削除できたようで、もう一回、ドライバを入れ直すと、すんなりとうまくいきました。

ようやく実現に至ったのですが、昨年末からの悩みだったことがわかります。

半年以上悩み続けました。エラーが出ても無視していました。それがOS起動の遅さに影響していることもわかっていました。でも、今日ようやく解決したのです。

特定メーカーのグラフィックボードをアップデートした時に起こる不具合、というのは例が少なく、同じように困っている方が多いと思ったので、すぐにブログにエントリーしました。

ボクもこれで安心して使えるかと思うと、本当に安心しています。今後、OSかドライバソフト提供メーカーかわかりませんが、こういった不思議なエラーが起きないようにしていただきたいものです。