スクリーンショット(2009-12-22 22.46.49).jpeg

カンタンにユーザー登録ができるどころか、カンタンにフィードも登録できて、ブログを更新すれば、しばらくすると自動的にTwitterに投稿してくれます。

しかもTwitterへ投稿する画面も柔軟に編集できたりして、他の更新通知アプリには無いような表現も可能。

もともとこの話が始まったのはこの話からです。ここからもわかるように、本当に使いやすさとか温かみを感じさせるサービスなのです。日本語サービスということも手伝って使う心理的ハードルも限りなく低いです。

ブログやTumblrなどとTwitterの連携ツール決定版か? 「FeedTweet」:小鳥ピヨピヨより引用:

先週の金曜日、社会人コミュニティケイレキ.jpなどを作ったクリストファーと飲みながら、こんな話をしたのです。

今、ブログTumblrFlickrからTwitter記事のリンクを流すのには、みんなTwitterFeedを使っていると思うのですが、TwitterFeedって、なんか動作が不安定だし、英語だし、メニューがわかりづらいしで、あんま使いたくないんですよね……

だからプログラマだったら、今なら、TwitterFeedっぽいの作ったら結構人気が出ると思うんです。

どんな機能がついてるといいかな……個人的には、

  • Tumblrのポストが全部Twitterに流れるとウザいので、「最大○件」とか、投稿件数を絞れること
  • bit.lyと連携すること
  • 単にリンクを流すんじゃなくて、「ブログ書いたよ」とか一言加えられること

辺りかな……

名前? あんま凝らないで「FeedTweet」でいいんじゃない?

そんな感じの酒飲み話だったのですが、なんとクリストファー、週末を返上して、水曜日に実際に「FeedTweet」を作ってきちゃったんです!

何お前、5日しか経ってないんですけど!? 早すぎる!

そんな仕様&勢いで作ってしまえるところが尊敬です。

さて、実際の画面をご紹介します。

スクリーンショット(2009-12-22 22.47.45).jpeg

これはすでに登録してある、ボクの管理画面です。日本語だから、安心だし、どのボタンを押したら何が起きるか想像も容易に出来ます。

スクリーンショット(2009-12-22 22.48.27).jpeg

肝となるのがこの部分でしょうか。更新頻度とかちゃんと調整してくれるのです。

ボクのタンブラーもそうですけど、連続投稿してウザイことがありますが、それもケアして時間ずらしてTwitterにポストしてくれるのです。

スクリーンショット(2009-12-22 22.49.05).jpeg

Twitterに投稿する中身はここでカスタマイズ出来ます。タイトルのみとかタイトル+本文とか、カスタマイズする選択肢がいろいろあるのですが、その場でプレビュー出来るからわかりやすいです。そして、リンクを示す矢印も好きな記号から選べるので、自分のブログの正確に応じて変えてみるとかできそうです。

スクリーンショット(2009-12-22 22.50.22).jpeg

こんな感じの絵文字があります。

さて、新規フィードを追加してみましょう。このムジログもWordPressのプラグインから、このサービスに乗り換えます。

スクリーンショット(2009-12-22 22.51.41).jpeg

明確にわかるボタンですが「新規フィードを登録」ボタンを押します。

スクリーンショット(2009-12-22 22.52.00).jpeg

そしてフィードのURLを入れるものだと思っていたのですが、ブログのURLを入れるだけでOKというカンタンな登録です。

スクリーンショット(2009-12-22 22.53.18).jpeg

そして、Twitterへ投稿するテンプレートを編集します。

「フィードを作成」を押せば完了。これだけです。

スクリーンショット(2009-12-22 22.53.30).jpeg

といったアナウンスが出るので、楽しみにしながら、ブログを投稿していきましょう。

本当にカンタンで、日本語で安心なので、これで、ブログの更新のお知らせも、このサービスでカワイク自動化できそうです。