ブログ

声が出なくても伝えられるツール、ブログ

別にブログだけでは無く、twitterも筆談も手話もそうなのですが、声が出なくても伝えられるツールは世の中にたくさんあります。
しかし、いざ、急に風邪が悪化して声がでなくなったとき、電話かけてもらっても話せないし、会議で発言しづらいし、ましてやセミナー講師なんてかなりあり得ないことです(が、先日やってしまいました。お聞き苦しくて申し訳ありません)。

というわけで、いろいろ考えていたのですが、ブログというのは声が出なくても何かを伝えるのに良いツールだなぁって改めて思ったのです。

というのは、声が出ないと同時にtwitter上で炎上事件がありました(いや、進行中なのでしょうか)。これは140文字という制約ではどうしても伝わらないことが多々あります。
ブログはその敷居が無い分、自由な長さで伝えられることが出来ます。文章が多少ヘタクソでも文脈でそれとなく伝えることがtwitterよりも出来そうです。

そう考えて見ればこうやってブログで表現できることは便利だなぁと思うわけです。

もちろん、ブログじゃなくてメールでも良いのですが。。。
常にログが筆者のキャラクターを語ってくれるので、それが後押ししてくれる部分もあるでしょう。

風邪でぼーっとしていてとりとめのない文章ですが、そんなことを考えていました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-ブログ