FXコミュニティサイトを作る?を始める

やはりインターネット時代に生きていて、ものづくりが好きであれば、自分が好きなことや得意なことにおいてブログであったりサイトを作って情報発信するのは、趣味としては大変良いものである。しかも、それが自分一人が主体となって発信するブログではなく、多くの仲間が参加するコミュニティサイトとして機能すれば、もっと面白い!のではないかと思う。

やはりコミュニティサイトの醍醐味は、自分が作った器(ウツワ)に、同じニオイの仲間が集まって、さらにそこで出会ったメンバー同士でまたコミュニティができて、仲間が連鎖的に増えることである。
そして集合知から思いがけない出会い、情報を手にすることもできる可能性もあります。

と長い前置きは置いておいて、先日、「FXコミュニティサイト・・・」みたいな話が飛び込み、早速第一回のミーティングを持ちました。


め~んずスタジオ - me-n’s STUDIO:FXコミュニティサイトを作る!

「おぉ!すごい上がってる!」
「何か重要な発表でもあったの~??」
「今が買い時じゃね?」
「あわわわわ~。もうダメだ~。」

そんなライブ感タップリなコミュニティが欲しい。
しかも、それがFX(外国為替証拠金取引)に特化したコミュニティだとしたら。

そうなのである。これと同じような現象がすでにmixiのコミュでも起きている。
[mixi] FX 外国為替保証金取引

しかし、ライブ感のある投稿が多いものの、基本的には掲示板なので文字制限が無く、読むのも追いかけるのも大変である。そこにTwitter的な要素(つまりシンプルさ)を入れてFXに特化すると面白いのではないか、ということで、コミュニティサイトの設計から入った。

Twitterのようなゆるいサイトで、買いたい・売りたいという気持ちを自分のステータスに反映できる。
シンプルで使いやすい、かつ、ライブ感を大切にしたサービスにしたいと考えています。

そうなんです。ライブ感はまさに感じられます。
同じ時刻に同じ相場で同じ気持ちを共有できる!そんな場所になるのではないかと思います。

前週末にミーティングを開き、ブレストしながらいろいろアイディアが出てきました。
でも、二人ともWebサービス開発なんてまったくの初心者。僕に至ってはPHPPerlだって使えません。。。

僕も使えません!(苦笑)
しかし、何か「実現したい!」ものがあれば必然的に進めていくうちに技術は後からでもしっかり付いてきます。だから今、何も準備しなくても作りながらしっかりと勉強を深めていければ、と思うのです。

現在、オープンソースミニブログなどを試用して、構造や機能などを評価しています。
もし使えるのであればフルスクラッチではなく、カスタマイズしてより早くて高機能なリリースを行いたいし、そうでなくても、コードの書き方などの参考にはなるはずです。

というわけでどこから手をつけていくかわかりませんが、僕はとりあえず、会員DBを作れるようにMysqlPHPで試作品を作ってみようかと思う。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です