Twitter新API@Anywhereでブログ個別記事にTwitter機能を!WordPressプラグイン人柱版リリース!

スクリーンショット(2010-04-20 18.42.22).jpeg

最近リリースされたTwitterの@Anywhereが面白そうだと思って、指をくわえていたのですが、自分のブログにも加えたい!と思い立ち、どうせなら・・・ということで、WordPressプラグイン化にチャレンジしました。とりあえず動いたので、人柱版としてリリースします。

ダウンロードはこちら

何ができるか?

ブログをひとつのtwitterアプリとみなして、訪問者のアカウントとヒモ付けて、認証します。

認証成功後、サインアウトボタン、ブログ主のアカウントフォローボタンとユーザープロフィール(ブログ持ち主)表示を表示します。 さらに、訪問者は訪問者のtwitterアカウントでコメントを書くことが出来ます。

スクリーンショット(2010-04-20 20.21.32).jpeg

こんな感じでデフォルト表示されます。ブログ持ち主のユーザー宛の「@」、そのエントリーのURLが入ります。この機能のおかげで、Twitter上の会話が生まれるきっかけになったり、自分のブログのURLをツイートされて、見られるチャンスが広がります。

インストールの方法

まず、ZIPファイルをダウンロードして解凍し、WordPressプラグインが格納されているディレクトリにアップします。

その次に、プラグインを有効にします。

有効化されると、管理画面のメニューに「tw anywhere」というのが表示されるので、それをクリック。

初期設定画面として、APIキーとブログ持ち主のtwitterアカウント名を@マーク抜きで入れます。

APIキーの取得の仕方は下記サイトを見てください。

Twitter@Anywhereの使い方WordPress編 | wpxtreme

これはWordPressで実現する他の方法についても書いてあるので、このプラグインで出来なかったら試してみてください。

今後のバージョンアップ予定

コメント欄っぽくしたいです。すでに技術的には出来そうなので時間があるときに組み込みます(tospyとか)。

つまり、今までの投稿された履歴を表示させるということです。要望があれば、ご連絡ください(twittert投稿窓の横幅指定機能とか・・・)。

事実上、初めて作ったtwitterアプリになってしまいました。あと、ソースのほうはほとんどyagerさんの解説などを参考にさせていただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございます。

参考:Twitter @Anywhereをブログのコメントシステムにする方法 [C!]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です