FCKEditor by you.

WordPressの文字入力のインタフェースって、吐き出すHTML大丈夫なのかな?とか他の方も「改行が思い通りにならない」とか不具合を聞くようになりました。

特に手を加えなくても、なんとなく編集していたら問題を回避できていたのですが、あまりにも<p>タグが思い通りに入ってくれなくて、それを修正する手間を考えると、やっぱりこれに手をつけるしかない、という結論に昨晩の遅くに決心してアクションを起こしました。

導入したのは、私自身、MTOSやXOOPSなどでも利用しているFCKEditor。

そういう意味でも信頼関係が成り立っているFCKEditorなのですが、WordPressにもありました。プラグインとして!

Dean’s FCKEditor for WordPress plugin(V2.5.0)


というわけで早速導入してみました。

FCKEditor by you.

まずはWordPressの管理画面、プラグインの新規追加で「FCK」で検索してDean’s FCKEditorを選択します。

と言っても今日時点で上記のように二つ出てくるので、バージョンの新しいほうをインストールします。いつもどおり、右側の「インストールリンク」をクリックして表示された画面で「インストール」のボタンをクリックします。

FCKEditor by you.

すると管理画面だけでさくさくっと、FCKEditorをインストールしてくれます(相変わらずWPの素敵なところです)。

プラグインを有効化」リンクをクリックしたら、それでインストール完了。

ブログ投稿画面も一番上の写真のようにFCKEditorに切り替わっています。

ところで、ひとつの大きなアドバンテージとしてブラウザ内全画面表示がこのEditorで出来ます。

FCKEditorのボタンが並んでいるパネルの下(もしくは右下)のほうの「エディタサイズを最大化」というボタンを押せば、ブラウザ内めいいっぱい記事投稿のエリアとして使えます。

fckeditor by you.

こんな感じで広々と使えるので、ミニノート・ネットブックのみなさんは特に重宝するのではないかと思います。

ちょっと入力インタフェースにストレスを感じたら、ぜひFCKEditorに乗り換えてみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です