ガジェット

Amazonの外箱がドラえもんのマンガになっていた!

amazon箱

MacBookで使えるモバイルバッテリーを手に入れようと思ってAmazonで注文。
到着していたのは知っていたのですが、2日ほど忙しくて寝かしていました。

今日、あけてみようと箱を取り出すと、ドラえもんが!

おお!ドラえもんが描いてあるバージョンの箱はじめてみました。
ところがここだけでないのです。

amazon箱

なんと、側面、底面にぎっしりと描かれています。

といっても何かストーリーがあるわけでなく、ドラえもんのいろんな道具を出す瞬間が描かれています。

あと、箱をよく見ると数量限定「ドラえもんラッキーBOX」と書かれているじゃないですか!

QR

※QRコードはラッキーBOXということで、モザイク入れさせていただきました。

ああ、このQRコードを読み込んで、ドラえもんがKindleで無料で読める仕掛け!

ちょっと読んでみようという気になりました。
ドラえもんって子供のころのマンガというイメージがあり、単行本で読んだこともあります。そんなことを思い出しました。

それがいまや、電子書籍で読めるようになったということも感慨深いです。

というわけで、これだけ目立つ箱のせいで、これに気がつけました。しれっと箱に書いてあったらスルーしているかもしれないですが、これだけマンガ!と気づかせてくれたので、じっくりと見てしまったじゃないですか。
(しかもストーリーになってないので、スミからスミまで目を通してしまった)

Amazonで買い物をしても時々、こういう遊び心も入った箱で来ると、飽きが来なくていいです。
よくAmazonで買っているので1ヶ月に1回ぐらいはこういう変化があると楽しくなってしまいます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-ガジェット
-