iOSシミュレーター単体で起動したいのに最近見かけないと思ったら・・・Xcode4.3以降でも単体で起動する方法

iOSシミュレーター

スマートフォンでの表示確認にMacで使えるiOSシミュレーターをよく使っていました。

しかし、あるときからそれが使えなくなってXcodeを起動してから、何かの開発中のアプリからiOSシミュレーターを起動するという間抜けなことをしておりました。iOSシミュレーターが行方不明で、Spotlight検索でも見つからない。Xcode経由なら起動するという矛盾。

どうやら、Xcode4.3から仕様が変わったようで、Spotlight検索で見つからないところに入ってしまっていたようです。


こんな所に入っていたとは!

で、検索してみてどうにかして、iOSシミュレーター単体起動出来る方法が無いか調べておりました。そこで、この記事を見つけました。

Xcode4.3をインストールしてから「iOSシミュレータ5.0」を単体で起動したい場合 | harayu.comより引用:

iOSシミュレータはどこか?

以前のXcodeではインストール先が/DeveloperディレクトリだったのでiOSシミュレータは

/Developer/platforms/iphoneSimulator.platform/Developer/Applications/iPhone Simulator
とかだったと思いますが4.3では
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iOSシミュレータ.app

になっています。表示の仕方はXcode.appを右クリックして「パッケージの内容を表示」でぐんぐん潜って行きます。

そして、こんな事実が!

Spotlightツールバー検索ではパッケージの内容は検索されないのでエイリアスを作成してどっかに置いておくと便利かもしれません。

そりゃ、見つけられないわけです。

すぐ単体で起動できるエイリアスを作成しよう!

というわけで、iOSシミュレータ.appを探し当てて、そのエイリアスをdockにでも格納しておきましょう。

iOSシミュレーター

アプリケーションフォルダにあるXcode.appを右クリックして「パッケージの内容を表示」をクリックします(ダブルクリックするとXcodeが起動しちゃいます)。

iOSシミュレーター

参照したブログどおりにフォルダを掘っていきました。すると、目的のものがあったのです!

すかさずエイリアスを作ってDockに格納しました。

これで、今後スマートフォン表示の確認がラクになりますね!

iPhone 4/iPhone 4S/iPadは、まだまだ使える! iOS 6 アップグレードガイド (MacPeople Books) 
4048911511

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です