Webサイト開発・運営

MacPortsやめて、MacのPHP環境はこうなりました。3週間悩んだ結末

Apple MacBook Air 1.86GHz Core 2 Duo/13.3

MacBook Airが事実上メインマシンになってしまいました。Proはほとんど立ち上げていないです・・・。
というわけで以前、MacBook Proから移行アシスタントを使って移行したのですが、どうも上手くいかなかったのですが、なんとかなりました。

移行アシスタントで面倒見てくれなかったMacPorts入れ直し – [Mu]ムジログ

しかしその後ちょっと設定をいじってから、PHP自体が動かなくなってしまったのです。

実はこれにハマりまくって、何度もMacPortsを入れなおしたり、あらゆる可能性をさぐってググったりして試行錯誤していました。これに、3週間ぐらい悩んだのでしょうか。
OSから再インストールしてやり直そうと思ったのですが、繁忙期でそれどころではありません。手放せません。そこで、PHPがローカル環境で動かないMacBook Airをダマシダマシ使ってきたのです。厳密にはVMWareFusionでWindows起動してXAMPPで検証できるので、どうにかはなっているのですが、重くなってしまうので現実的ではないです。

しかし、転機が来たのです。
ここにきて、Mac OS 10.6はデフォルトで普通にPHPも動く環境になっていることを思い出したのです。何を複雑なことをしようとしたのか!

というわけで、デフォルトの設定に戻そうとしました。OS再インストールが一番安全で確実だと思ったのですが、これはやっぱりその時間ももったいないと思って、httpd.confとか思いつくファイルをいじることにしました。

とった方法は次のとおりです。

  1. MacPortsをアンインストール(移行アシスタントで面倒見てくれなかったMacPorts入れ直し
  2. /etc/apache2/のhttpd.confが現状の設定が書き込まれているので念のためバックアップをとっておいて、/etc/apache2/original/からオリジナルをコピーして置き換えます
  3. PHPを動かすためにhttpd.confのLoadModuleが羅列されている部分に
    LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
    を追記

これで、とりあえず、PHPが動くようになりました。
まだやることがあるような気がしますが、とりあえずこれで進めていきたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Webサイト開発・運営