突破テクニック

ため込んでしまってなかなか食器洗い出来ない人のためのライフハック

person pouring water on clear drinking glass
Photo by cottonbro on Pexels.com

かつての私がそうでした。一人暮らししていると、疲れ切って帰った後の食後はもうそのまま寝込んでしまいたい気分になり、食器洗いせずにため込んでしまう癖がついていました。
そんなことを友人に相談したところ、「食事が終って食器を流しに持って行こうと立ち上がった時にそのまま食器を洗ってしまえばいいんだよ」というあたかもシンプルな解決方法でした。

これは「もし○○したら○○する」(イフゼン)というシンプルなプログラムを自分自身にしてあげることに似ています。
「もしトイレに行ったら、手を洗う」なんかはすでに当たり前過ぎて身に染みついている方も少なくないでしょう。
これと同じように「もし食後立ち上がったら、そのまま食器を洗う」と自分自身に対してプログラミング(約束)してあげるのです。
そうすることで、億劫な食器洗いも、その流れで出来てしまいます。

一方、後回ししてしまうと、食後直後よりも面倒になってしまいさらに後回しにしてしまう悪循環に陥ります。
後回しにすればするほど、気力のも消費は大きくなってしまうもので、段々とやれなくなってしまうものです。

自分自身に対してプログラミング(約束)という概念が初めての方は一度紙に書き出して、実行し続けてみると良いでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-突破テクニック
-